江戸切子

 

 

 ポルトガル伝来と言われ、日本では江戸時代からつづく

カットガラス(ギヤマン)。江戸切子は元来透明ガラスに施された彫り楽しみました。現在は色付けガラスに彫りが施されております。日本ならではの繊細な彫り

がわき、大切に長く使いたくなる。

一度手にして頂ければ幸いです。