薩摩切子

 薩摩切子の歴史は一度途絶え、1985年改め復刻薩摩切子として忠実に再現されています。

 江戸切子とはガラスの製法が異なり、透明なガラスに

色ガラスを被せる、色被せ(いろきせ)ガラスを使う。

色ガラスの部分が厚くなり、彫ると色の濃淡(ぼかし)がでる。

 薩摩切子はこのぼかしぼってりした厚みのあるガラスに施された彫り、シンプルな良さが魅力です。