お盆

 日本の風習の一つお盆。どうしてもお盆と言うと、休み、渋滞を連想してしまう。

今日のお昼部屋にいると、隣の民家から坊さんのお経が聞こえた。

 日本人だと言う事を再認識させられた。

以前、北アルプスの山小屋で働いていた時お盆の迎え火、送り火にダケカンバ(標高の高い所にしか生えてない木)の皮を燃やしていたのを思い出した。

火を焚きながらそこのオヤジサンが「今年山で亡くなった人も迎えなきゃいかん」と言っていたのが印象に残っている。

 お盆は先祖等の事を思い出し、感謝する良い風習だと思う。

 ランチョンマット、やっと様になってきました。片面づつ、4回塗りを12枚!計96回!けっこう大変です。でも本物の国産漆の塗り物です。

 ヒノキの器は‘いやらしいかなー‘と思いつつ、陶器ぽく、周りに漆を垂らしてみました。

 栃の木のマネートレー?は木目があまりうまく出てくれませんでした。

 新しく栃の木の木肌の凹凸を利用し香台を制作中です。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    kenshi6 (木曜日, 19 8月 2010 00:21)

    こんばんわ。
    僕も先日お店の前で迎え火をしようと思ったんですが、周りにカンバの木がなくて燃やすものがなかったんですよね。
    まぁ当たり前なんですが、今までは周りに生えてるのが当たり前だったので凄い違和感を覚えました。

    なんかよさげなモノが出来てますね。
    完成を楽しみにしています。